技術情報

機械的安全、電気的安全、文書管理

当社では、労働安全衛生法(第5号及び第318号の規定)に従って、お客様に安全な装置をご使用頂く為に、機械設計の段階でリスクアセスメントを実施しています。
機械が使用される状況から危険源及び危険状態を災害の重大さと頻度でリスク評価し、リスク低減の必要がある場合は、 本質的な安全設計(人と機械の分離)を行い、安全防護装置を設け、安全カテゴリーに応じた安全機器の選定、回路設計を行い、 完成した装置には、適切な警告ラベル、取扱説明書に明記、取扱いの説明を行います。(ISO12100)
※リスクアセスメントの実施方法の情報提供を行います。

当社の安全対策は、設計の段階で、安全に関する仕様を決定する為、装置の作業性、生産性(効率)が低下する事が無い様に、 配慮しています。又、顧客指定の安全規格にも対応いたします。
EC諸国に輸出する装置は、審査機関の検査を受け、CE自己宣言書をもって輸出を行っています。
私達はEC諸国向けCE自己宣言機種の輸出経験から得た知識を、得意先の「労災事故防止改善活動」に水平展開できないかと考え、当社新規設備・既存設備、他社既存設備の機械的安全・電気的安全に対する「リスクアセスメント」の実施方法、フォーマット⇒改善提案⇒改善の実施⇒リスクの再評価⇒記録保管等の情報提供も行っております。労働環境を改善し機械を、安心安全に効率良く御使用頂くため、豊富な経験と実績で最良の方法をご提案致します。

私達のCAD設計図書はISO文書管理規定に従い、社内サーバーで一括管理され、必要に応じPDFメール等で構想図面、金型寸法図等をリアルタイムで提供します。貴社、資材設計改善、不良発生の「見える化改善・是正活動」に、貴社の生産活動、ISO活動の設計図書文書管理規定に大きく貢献します。

技術情報画像1
リスクアセスメント

ISO9001への取り組み(JQA-QMA10265)

当社では、ISO9001の取り組みとしてプロセスフローに基づく工程で仕事を行っています。
顧客関連プロセス 営業活動 当社には専任の営業はおりませんので、直接技術担当が対応いたします。
※商社、営業を介さない為、意思疎通がスムーズに行え、問題が発生した場合でも解決までの時間が短縮できます。
引き合い 引き合いの内容に応じて、過去の実績の説明、立会いでの社内テストを行います。
社内技術検討 当社テスト機を使用し試作を行い、技術検討を行います。
見積書提出 見積書、見積仕様書、構想図を提出し、仕様、製作工程を明確にします。
受注 発注書もしくは当社見積書に発注のサインを頂き、受注としています。
設計開発プロセス 製作仕様書の提出 お打合せによって変更になった仕様を修正し、製作仕様書を提出いたします。
図面・購入品リストの作成 社内有資格者が機械図面、電気図面、プログラムの作成を行います。
デザインレビュー 設計担当、機械担当、電気担当が集まりデザインレビューを行います。
出図 デザインレビューで変更になった箇所を修正し、出図を行います。
購買プロセス 材料・購入品の発注 購入品の手配を行います。仕入先は毎年評価を行い当社で管理しています。
製造プロセス 部品加工 口紅金型、機械重要部品等は、社内有資格者が部品加工を行います。
工程内検査 工程内検査を行い、加工図面に記録を取る
組立・電気工事 製作仕様書通りに装置が出来上がっているかをお客様立会いで検査を行い、指摘事項は検査基準書に記録を取り、提出します。
動作確認・調整 社内有資格者が機械の動作確認・調整を行います。
顧客立合い検査 製作仕様書通りに装置が出来上がっているかをお客様立会いで検査を行い、指摘事項は、検査基準書に記録を取ります。
出荷許可 指摘事項を修正し、再確認後に技術部門長及び有資格者が出荷許可を出します。
納入据付け 仕様書で取り決めた、搬入経路、搬入方法、据付け方法、作業装備で納入据付け作業を行います。
付帯サービス アフターサービス 仕様書の保証内容基づき、出張修理、部品交換、生産立合いを行います。
ISO900への取り組み

環境への取り組み

当社の環境への取り組みは、設計の合理化による有効資源の活用、油圧機器駆動の排除による省電力化、出荷時の梱包資源の削減、 電子データ化によるペーパーレス等を積極的に行っています。
大型装置には電力計を設け、消費電力をタッチパネルに表示しています。
R相、S相、T相の電流値(A)、R-S間、R-T間、T-S間の電圧値(V)、積算電力量、電気料金、CO2排出量を表示し、 使用する『電力の見える化』を行い、装置を使用して頂くお客様と共に環境への意識向上に努めています。
タッチパネル

海外との提携

台湾YU-HAO社と製造販売許諾契約を締結し、BIMセミオート、4st油圧プレス機を製造販売をしており、
世界各国への輸出実績も増え、展示会の出展を行っております。
YU-HAO社からの輸出実績国台湾、中国、メキシコ、アルゼンチン、スペイン、カナダ、タイ等
YU-HAO社での海外展示会実績イタリア、ニューヨーク、香港、上海(当社が現地案内、通訳を実施しております。)

学会への発表

技術顧問 (元)武蔵工業大学 工学部 工学博士 湯浅栄二氏と共に当社の技術情報を学会に発表しています。
年/月 学会 講演会 題目 場所
Jul.07 日本機械学会 第15回機械材料・材料加工技術講演会 自動圧粉成形機の開発 長岡市
Mar.08 日本機械学会 第1回粉体・粉末成形技術研究分科会 化粧品成形機の開発とその取扱い安全技術 東京都
Aug.08 日本機械学会 2008年度年次大会 口紅成形における型材料の選択
-自動圧粉成形機の開発 第2報-
横浜市
Sep.08 日本塑性加工学会 第7回日韓プラスチック成形加工
ジョイントセミナー
口紅成形用シリコンゴム型材料の弾性特性 神戸市
Nov.09 日本機械学会 第17回機械材料・材料加工技術講演会 化粧品圧粉体の落下試験とその評価
-自動圧粉成形機の開発 第3報-
富山市

装置の条件設定

当社の装置では、製品品質に影響を及ぼす装置調整箇所は、極力数値入力が行えるように配慮しています。
条件設定を行った数値はタッチパネルのメモリー画面で保存、読み出しができます。
装置の条件設置img1装置の条件設置img2